あっさぶ町観光情報

世界一素敵な過疎の町?
あっさぶ町の大自然を一度体験ください

農作業も体験できる
うずら温泉

国道277号線沿いにある西欧風温泉施設「うずら温泉」。日帰り入浴も可能なヒバの香りただよう湯浴みに加え、あっさぶ町産の野菜を使った本格的な関東料理が楽しめるレストランも併設されている。併設されているふれあい農園では農業体験も楽しめる!

夏はクワガタいっぱい
鶉ダムオートキャンプ場

鶉ダムのすぐ下に広がる鶉ダムオートキャンプ場・ハチャムの森。「ハチャム」とは、厚沢部の語源になった「桜鳥」のアイヌ語からきているという。夏にはミズナラの樹液に集まるクワガタ類がたくさん。お子さんと一緒にあっさぶ町の大自然を満喫できる!

定例観察会やっている
レクの森

土橋自然観察教育林・レクの森はあっさぶ町の森林浴を楽しめるスポット。フィールドアスレチックなどのスポーツ・レクリエーション、バンガローでの宿泊やキャンプなどができる。
総ヒバ造りの「森林展示館」では、森林に関する資料などを常設展示!

渓流釣りで
鮎が釣れる!

あっさぶ町を流れる厚沢部川は渓流釣り、アユ釣りで人気のあるスポット(入漁申し込みは厚沢部町河川資源保護振興会まで)。古くから鮭の網場や伐採されたヒノキの送流など、生活に密着した歴史をもち、野鳥も多く、クマゲラなどをみることもできる。

毎年、春に行われる
あっさぶ町ばん馬大会

北海道といえば「ばん馬」。主に農耕馬などとして利用されてきた体重約800-1200kgもある重種馬「ばん馬」。騎手と重量物を積載した鉄製のそりを曳きレースをするのは圧巻。厚沢部町では毎年春に厚沢部町赤沼橋河川敷特設会場でレースが行われる。

館城跡
日本最後の和式築城

館城跡は幕末維新の激動の最中に築城された日本最後の和式城郭で、高い歴史的価値がある。明治元年に松前藩は館城をなぜ築いたのか?その歴史を探りに是非足を運んでみては?桜の見頃、毎年5月には館城跡祭りも開催。戦闘シーンを再現した「館戦争行列」は見どころ。

あっさぶ町のMAP

函館から59km!あっさぶ町へのアクセス

あっさぶ町へのアクセスMAP

画像をクリックすると拡大します。